極月

やーっとしまいまで来た😑

今年は、おったまげ〜の連発で、

〆(であって欲しい)が、両足の手術。

自ら計画して挑んだ手術なので、文句はないけど、こんなに歩けないものか?という痛さ。

靴がちゃんとしていれば、そうでもないのか?という足底の骨の形成。

 

感動は、忘れもしない全身麻酔

点滴から投与するので、全く痛み無し。それで且つ、麻酔が体内に浸透するがわかる。

寂聴氏が、極楽のようと例えてらしたが、ホントにそうだった。

覚醒も、呼ばれて帰ってくる感じが、気持ち良い。術後の痛みは別だけど。

あの全身麻酔と個室での入院は、軽い贅沢なバケーションのようだった。

抜糸まであと1週間。それまで自力で執刀医に再会ならばいいな。

霜月

久々。

ヤル気のない日々。

「終った」感が満ち溢れ、 

頑張ってる人や頑張らないといけない人が近くにいるだけで、私が息切れする。

早期に年金受給資格の枠に入れてもらい、余生というレベルに行ってもいいかな、くらいの心境。

やりたい事がない。 

畑仕事をしてみたいが、「し続ける」という作業に気が遠くなる。

そんな長い線を引いて進まずとも、点という毎日を一生懸命やってたら、気づいて振り返っていたら線をになっていた、というのが、人の道なのかもしれない。私は それに疲れた、疲れきった。元々 根性も継続力も力量もないのに、25歳の時のしくじりで、目覚め、そこからブイブイと戦車のごとく生きてきた。25年でThe End. 人様の役に立てれば、人様の手を取り励まし、亡己利他を自然に実践していた自負があったが、今は消滅し始め、かと言って自己を大切にしている自身や気合いもない。 

浮草⁉️  Dangling... 

最近、一日 古畑任三郎を見た日が 2日あった。今日がその2日目。ソファでごろ寝を4日した。腹筋も背筋も溶けてなくなるんじゃないかと思った。明日もそうするのかという不安が夜中に起き、死んでしまいたくなる。

しかし、昨今、死んでしまいたいと思うと ホントに殺されて死に至る事件があり、思ってはいけないと、そんな理由から 真っ当で居ようと思ったりする。

手指の乾燥症は治らずひどくなるばかり。

足指の関節も我慢して歩けるが、夜には割れるような痛みが起こる。それが手術で治るのか?という疑惑も起こるが、何もしないでいるのは最悪。体重を減らせば解決なのか。

先々月加入したジム。これが要、行かないと。歩くなという施術師がいたりするが、加齢に伴い、骨、骨格、関節…劣化変形はやむを得ないというのが正解だと体で感じる。どんなに体のメンテをしているバレリーナ、スポーツ選手、役者…皆、「あたたた(痛たたた)」と言いながら 毎朝起き上がり、姿勢や体型を気にし続けながら生きぬいているのだ。痩せて小さな私のお客様も そうだ。体操や動作の連続で 加齢劣化は防げない。

ヤル気のなさ…それを正すセラピストはいないものか。

穴ぐらにいる様な

強制送還から1週間経過しようとしている。

先週の今頃は羽田空港から 軽やかに旅立っていた…ような。

今となっては、軽やかだったのかどうかもわからない。羽田空港のセブンで買ったおにぎりやお菓子も 搭乗の際 どこかに置き忘れていた…機上で気がつき、『ヤバイな自分』と思い イヤな予感羽田空港していた。

送り返され、ショックと意外の塊で、帰宅して暫くは普通で いられた。

犯罪があって戻された訳ではないが、日に日に自分のバランスを崩している。

夜になると 息苦しくなり、拘留されていた あの空間とその時の心境が蘇る。判断がつかない、自分の経験や知恵では乗り越えなれない、ものずごい大きな圧力につぶされ消される寸前がずっと続く…。

その国さえ見なければ、考えなければ、それでいいのじゃないかと言い聞かせてみる、特に愛着のある国でもないのじゃと…。そこに私の心や魂 愛が残っている---のか。

難民経験された人々を思う。自国に居られず、自国から逃げなければいけない人々。どんなに不安だろうか。どう自身を保っているのだろうか。メディアが見せる彼らの顔には嘆きがあふれて 悲しさがおおっている。少なからず私にも嘆きたい悲しみがあるが、押し込められ出て来ない…それが 自分を押しつぶしている。怖い、突破口がない、苦しい---。語る手段も無くした。助けてとも言えない。

私は何処へ行くのか、どこかへ行けるのか。そんなに定規で引いた様には切って捨てられない、コンピュータのようにカット 消去出来るものでもない。

時に流すしかないのかな。 

 

誰も味方じゃない、

私だけが なぜこうなったのか… 

そんなメンタルの歪んだ思考が出現してきている。誰かを恨みはしないが、誰も恋しいとも思わない。

希望がないのかなぁ…。

 

あまりに静かなこの夜。

空気がなく、真空パックされているみたい。

3/5

どんな始まり、三月。

先月の、正月の延長線上の毎日。

去年くらいからテレビ見るのが、

楽しみになり、

ドラマの再放送や、

ドラマの一挙全編放送に楽しさを覚えている。

テレビ、約20年ぶり。

ずっとテレビにくぎ付けとかあり得ない生活で、子供の頃 銀座ナウやアニメ、ドリフにゲバゲバをやたら見ていた感覚が蘇る。

 

弥生、手抜かりはないか…

月初め。

起きたら昼になっていた…。

そんなことでいいのか!

ブレてないどころか、ゆるゆるのダルダル。

さすがに焦り、たぬきうどん作って食べて

外出。とにかく2時間強、歩く…と。

郵便局や銀行へ、買物も一か所で済ませず。 

ブレイクでは、河口慧海を☕️をしながら読む。

ブックオフへも久々行ったが、探して立ち尽くす、疲れやすい。1時間も探していられない。

ホリエモン獄中記、面白そうだった…。

 

夜中、ストレッチに体操する。

柔軟性の欠落…ほぼ毎日柔軟やってるのに、

関節は硬化増すばかり。

なぜかまた 今夜も眠れずにいて、昼頃起きるのかと思うとゾッとする。

 

2:48am

2月も行ってしまう。

今月何をして、何をしなかったのか。

2017の2月。

人生で初、フラットな日々。

何かと驚きはあるものの、

驚かなくなった。

歳を重ねたゆえ、つまりは経験値の成せるゆえ。いいのかなんだか。

凡人の我が身は 歳をとっただの、扶養の選択、人間やめますかでも ただ年取るって方法もあるけれど、著名だったり芸術を志したり、向上し続けなければ生きていけないケースは大変だ…と、言いたいところだけれど、その実 ホントに大変なのは、惰性でこの世を生き続けなければならない事だ。

漠然とただひたすらに点の日を送る。

しかし、それは、諸行無常の事をさすのではなかろうか。

燃えない情熱を携帯し、うろうろと犬もしないしぐさで、毎日毎日時間を、目をむいて、大半天井を見上げるかな。

エンジンかかっているのか。

エコエンジン然とし、停止時に音がなく、自分でも確認ならず。誰も気づきもせず。

そんなんでいいや、と。 

三歩進んで二歩さがる

火曜にまた消化器系のどこか不具合で、

出先の駅で果てる。

駅のトイレに30分以上こもる。

パウダールームがあって良かった。

 

それが、肉、ロースやバラでも、多少食べると調子が戻る。どういうことだ⁉︎

ゴハン無しで、野菜スープと肉、いいみたい。

 

火曜以来、在宅で、物置整理や壁塗り、ジャージのゴム入れ替え、冷蔵庫整理、などしてる。

古い物捨て新しく!

自分の体が古い…って。