読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱 発汗

ここ数日 疲労困憊…と感じつつも、

「年かな? 怠けたいのかな…」と重たい心身に檄を入れ、用事を済ませていた。

 

今朝、正確には昨日朝、

怠くて動きたくないなぁ〜、でも、

そうやって肉体の老化促進になるか…と、

駅前の銀行や郵便局を回り、買物し、

疲れだけれどお茶するので座るのもイヤに感じ、行き同様 バスで帰ってきた。

タクシーは利用しなかった。

 

帰宅し、昼も食べずにいたので、

サーモンとクリームチーズでサンドイッチ作り、珍しく買ってきたコーラで遅いランチ。

 

少し横たわりはしたが、ダルすぎ眠れず、

片付けや炊事をし、柴田錬三郎の本を読む。

あれ?

暑い…と思いきや悪寒。

上掛けに包まり、気が遠くなる…。

寝てしまったのか?

また暑くなり、今度は汗が額といわず、頭皮、背中、脇、首、足…と滴り落ちてくる。

解熱鎮静剤を一錠多く服用、

そしてどこかにあった体温を探す、探す、探す。

あった、…38.1°C。

発熱発汗がまだひどく、ぬる湯に入ってみた。

気持ちは良いので数分入って、

今度は胃の痛み、アチャー。

ちょっと軽く食べてみると胃の痛み治る。

………

 

またまた発汗が著しい。

ノドから気管支にかけて詰まるような感じ、咳も出る。

夜間救急にかかろかとも思うが、熱は37°C代になっているので、様子みる。

しかし この発汗すごすぎ!

シャツ、着替え3回目になる。

悪寒は無く、ただ暑い。

肺炎じゃなかろうなぁ。