読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘い飲料

まだ咳止まらず…

それどころか咳の質?が低下している。

呼吸時、吸っても吐いても

気管支辺りが ザァザァ ヒューヒューと

濁音を作り、胴体に振動が伝わり、

それがみぞおち辺りだったのが、

背面に感ずる。

 

Phulegm.痰。が褐色がかってきた。

血痰なのか、白血球の死骸がいつまでも残存していたからなのか…。

排尿も、受診処置して頂いて以来、

薄めの紅茶色。

受診前は 普段の尿より水に近く、

悪寒による発汗も著しかったのに、

尿の透明さが疑問だった。

一体私の体はどうなっているのか、

こんなに苦しいのに、

救急搬送され救急処置をされる方々は これ以上苦しい状況にあるのか、

そんなことを今、この少し小康状態になっている時に考え、タイプしている。

そんなことの今、それは、寝落ちから覚め、トイレへ→ノドがガラガラなのでコーラや甘い飲料でノドを潤し→水を飲み→うがい→スープやゲル状のものを食べ→投薬→ステロイド吸入→シャワー浴び→水   というステップの後の状態。受診以来、これを1日に4-6回繰り返している。投薬は最大3回なので 投薬がない場合もあり。

かくして、食材が乏しくなってきた。

けれど、外へ歩いていく体力がない。 

室内ですら立って歩き、体をねじってその向きを変えるだけで気管支が刺激され咳が始まる。

こんな虚弱になるのは、かつてあっただろうか。

そして、これは治るのだろうか。

行きる為に強い元気を戻さねば。